logoimage
image

過払い債務整理お助け講座

以前はほとんど耳にしなかった「過払い」という言葉ですが今やテレビコマーシャル、雑誌や新聞広告でも当たり前のように見かけるようになりました。

しかしその言葉の意味を理解している人はどのくらいいるのでしょうか。
当サイトでは過払い、債務整理に関する様々な情報を掲載し、その方法、なぜお金が返ってくるのかという仕組み、Q&Aなどでご紹介しております。

過払い金返還請求に関して不安のある方も多いかと思いますが、当サイトで少しでも知識を得ていただき、何かのお役に立てましたら幸いです。

どうぞご覧になって下さい。借金問題などでお悩みの方の解決策になれば良いと考えています。

着手金が必要ない場合が多い過払い請求

普通は、法律家の資格を持った人に相談を持ちかけると、実際に解決に向けて仕事を行う前に、相談者が着手金と呼ばれるお金を支払わないといけない事が多い様です。

この着手金は後で戻ってくると言う事はなく、報酬とは別に支払わないといけません。

しかし、過払い請求で少しでも多く払いすぎたお金を回収したいという人にとって弁護士に支払う費用があまりにも大きい場合には、過払い請求を行ったとしてもそれほど手元には残らなくなってしまいます。

そうならない様に、借金に関係する相談内容であれば着手金を支払う必要がない、としている人もいる様です。これであれば、相談費用を過度に気にする事なく相談できそうですね。

債務整理ではクレジットカードも対象になる?

債務整理では、クレジットカードのショッピング枠についても対象となります。消費者金融のおまとめローンでは、ショッピング枠のリボ払いは対象にできないので、ショッピング枠で困っている人は債務整理がおすすめです。

クレジットカードはもちろん、奨学金や、個人間の貸し借りまで、すべての借金を対象にできます。友人からの借金は返済していきたいとか、奨学金は債務整理したくないという人もいるでしょう。

そんなときは、任意整理がおすすめです。任意整理なら整理する借金を自由に選べます。個人再生や自己破産では、原則としてすべての借金を対象としなければならないことには注意です。

司法書士と過払い金の請求方法

過払い金の返還を請求するためには、長い時間が掛かることがありますが、信頼のおける司法書士のサポートの内容をじっくりと確認することが求められます。 近頃は、借金相談のサービスのメリットについて、各方面のメディアで紹介される機会が増えてきており、まずは専門的な資格を有するスタッフに相談をすることが良いでしょう。

自己破産の重要性に関しては、一般の消費者にとって、すぐに理解をすることが難しいとされ、早いうちから司法書士の解決事例に目を向けることによって、将来的に様々なトラブルの発生を防ぐことが可能となります。

離婚の慰謝料は弁護士へ

どうしても離婚となる時には、慰謝料の話がでる事も多いと思いますが、実際には離婚の話をするのも難しく慰謝料についてはとても話ができる状態ではないという事もあるでしょう。

その場合には、弁護士に相談すると相手側と話ができる事もあります。相手も自分で対応するのが厳しく感じられた時には弁護士を通して話をする事を希望する事もあるでしょう。

そうなれば、弁護士同士が離婚の慰謝料の話をする事になります。子供がいる人なら離婚の際に養育費も必要です。その点も離婚弁護士に相談して、相手に請求を求めたいですね。離婚はお互いのこれからの生活に関わりますので、弁護士を通して問題に向き合う様にしたいですね。

離婚問題

離婚相談 弁護士サポート 離婚は弁護士に相談。

離婚を弁護士に相談したら。モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料について。